応募する前に

  

楽しんで仕事をしてほしい。

常日頃、私が社員の皆に願っていることです。私たちは、キャラクターコンテンツを作って、お客様に喜んでもらうエンターテイメントの世界にいます。大好きな映画から、マニアックなゲームに至るまで、そこに自分たち情熱を詰め込んで、命を注ぎ込んで、それをお客様に届けること。 お客様の期待に答えること。お客様に喜んでもらうこと。それは最良の喜びです。私たちはそういう楽しい仕事をしています。

だからこそ、自らが楽しくやらなきゃもったいない。自分たちが楽しく作るからこそ、最高のものが作れるのです。

私たちの目指す先は、夢のある世界です。期待を超えた驚きを作り続けるということ。ワクワクするような楽しさ、ドキドキするような驚きの連続は、いつだって期待を超えた先にあるものです。だからこそ、まずは自分が楽しんで下さい。

 2020年2月7日 代表取締役 松本理恵

私たちの会社で、一緒に仕事をしていきたいという人のイメージをメッセージにしました。ご一読ください。

主体的に行動できる人

私たちのモノづくりには完璧なセオリーはありません。常に、新しいアイディアや改善策を考え、工夫を凝らし、様々な課題を乗り越えていくことが求められます。他人に言われるだけでなく、常に自らが気が付き行動できる人と一緒に仕事がしたいと思っています。

また「主体的である」とは同時に「他人に責任を転嫁しない」ということでもあります。 社会にいれば、矛盾したこと、納得できないこと、 理不尽なことは必ず起きるものです。ですが、その度に、上司が悪い、経営方針がおかしいなどと愚痴を言っても、何ひとつ変わりません。どうしたら自分の影響力でより良く出来るのか、周りを変えることができるのか、前向きな気持に切り替えて行動できる人と一緒に仕事がしたいと思っています。

思いやりを持てる人

私たちのようなモノづくりの仕事は、「好き」を活かす仕事でもあります。それ故、感情にまかせて、チームメンバーと無意味に衝突してしまったり、相手を威圧して屈服させようとしたり、 人を見下したり、不貞腐れたりしても、仕事をする上ではお互いに不幸です。

相手を心から理解したいという気持ちを持てる人、そういう気持ちをもって相手と会話ができる人、どんな時も、共に働くスタッフのことを思いやれる、支えられる人と一緒に仕事がしたいと思っています。

チャレンジ精神のある人

私達の会社では、前例がないことや経験がないことに対しても、挑戦しなければならない機会は多いです。やったことがないからといって及び腰になっていては、そこで止まってしまいます。一方で既存のルールをミスなく繰り返す事も仕事も会社にとってはとても重要かつ大変難しいものです。しかしこのようなルーティンの中にも工夫できる部分は必ずあるはずです。

失敗を恐れず、チャレンジ精神を持って、何事にもぶつかっていく気持ちがある人と一緒に仕事がしたいと思っています。

楽しく仕事できる人

いつも楽しそうに、キラキラと仕事をしている人がいます。そんな人のそばにいると、私達もつられて楽しい気分になります。逆に、 いつも辛そうに、ため息ばかりついている人の隣では、自分の仕事も辛くなってしまいます。

チームで仕事をするということは、そういうことだと思います。自らが楽しんで何事もポジティブに考え、主体的に仕事ができる人というのは、何よりもチームに貢献し、そして周りから自分へと信頼が返ってくるのです。

好きなことを、一生懸命に、楽しんで仕事ができるような人を私達は求めています。

終わりに

いかがでしょうか。厳しい会社だな、と感じたでしょうか。そんなにできた人間にはなれないよ、と思ったでしょうか。私達も、これは簡単なことではないとわかっています。それでも、常に、そのような人間でありたいと思いながら仕事をしています。

是非私達一緒に、楽しく仕事をしませんか。ご応募をお待ちしております。